FXのリスク「レバレッジ」

FXのリスクの原因はレバレッジにあります。そもそもFXは日本語では外国通貨証拠金取引と呼ばれます。

これは直接、外国通貨を購入したり売却するのではなく証拠金をFX業者に預けて、その金額の日本国内で個人であれば最大25倍までのお金を動かして外国通貨のペアを売買するというものです。

このレバレッジは梃子の原理のことですが、25倍に設定されていれば10万円の投資で証拠金は250万円分になります。
一般的な取引通貨単位は1万通貨で、米ドルと円の通貨ペアであれば5万円程度の証拠金で取引が出来る仕組みです。

もちろん、思う方向に行けば含み益となりますが、反対方向に行くと含み損になります。含み損になったからといって売却しなければ損失は確定しませんが、ある水準まで達すると証拠金よりもマイナスになってしまいます。このような事にならないようにFXでは証拠金維持率が一定水準を切ると強制的に決済されるロスカットが行われます。

初心者の場合にはロスカットを恐れて損切りしてしまったり、または反転すると踏んで持ち続けて含み損を増やしロスカットに至ってしまうといったケースがあり、これらがFXで大きな損失を被る理由となっています。

リスクの原因はレバレッジ?

FXのリスクを計算で弾き出す

FXを行う基本としては、余剰資金で行うことと分散投資であることです。

本業で行っている人も居ますが、可能であれば副業の方が良いといえます。特に副業でも自動売買プログラムを利用すれば、深く考えずに取引ができます。

また全体に行ってはならないのが借金でFXをすることです。もちろん方向が当たれば借金を超える利益を得られるのがFXなのですが、反対方向に行けば投資した資金のすべてを失いさらに借金が残ることになります。
また借金をすれば金利を支払わなければいけません。ただ借金さえ行わなければFXで破産するといったことはありえません。

FXのリスクを計算するさいには、どれだけの含み損に耐えられるか、また含み益を減らすことができるかといったことを重視する必要があります。
含み損はドル円の場合には1万通貨であれば1円動けば1万円と計算できます。

また含み損を減らすためにいわゆるナンピン買いを行い値動きが戻ったさいにはやく含み益になるようにするといった戦術も行う必要があります。

また気をつけなければならないのがスワップ金利で、スワップ金利を支払う場合にはそれらも含み損の計算に入れておく必要があります。

FXのリスクを計算で弾き出す

初心者に人気の通貨ペア

FXにおいて最も基本となる通貨ペアは日本円と米ドルのドル円と呼ばれている通貨ペアです。

日本における最重要な指標であり、多くの人になじみがあるため人気の通貨ペアになっています。
近年になって金利が上昇しているということもあり、買いポジションで持つことによってスワップポイントも期待できるようになった魅力的な通貨です。

他にも日本人に好まれる通貨ペアとしては金利が高くスワップポイントが多くもらえるものがいくつかあります。主要国ではオーストラリアドルやニュージーランドドルが人気を集めていますが、主要国以外ではトルコのリラや南アフリカのランドなども人気になっています。

これらは長期的に保有することによって日本円との金利差であるスワップポイントをためることが出来る仕組みになっており、長期的に保有することでリスクを低減できる点がメリットになっているのです。

外国の通貨の中に安心安全なものはありませんが、比較的安定している相場である主要国の通貨であれば長期的に運用することが出来るという意味で魅力的にみられていると言えるでしょう。
FX取引は時間帯が重要!取引時間帯と通貨ペアの関係(外為比較ランキング)

初心者にとってはそのような通貨から取引を始めるようになるのが一般的です。